食事の最初に野菜を3口食べれば内臓脂肪は付きにくい!

 

内臓脂肪1
健康の気になる年代になってくると内臓脂肪が体にたまっていくのがものすごく気になりますよね。そこで内臓脂肪を燃やして脂肪を落ちやすくするポイントを紹介したいと思います。内臓脂肪は落としにくいとよく聞きますが、普段の食事に気を付けていれば意外と落とすことは簡単です。最近では脂肪を燃やしやすくする成分の入ったお茶なども市販されていますからそれを飲用すると効果を期待できそうですよね。

 

ただし、一度飲むだけでは意味がないので、継続して飲用することが大切です。でも、そういった商品は少し割高なのでお金に余裕のある人にはおススメですが、そこまでお金をかけたくない人、もっと簡単に内臓脂肪を燃やして健康に気を配りたい人にはさらにカンタンな方法がありますのでそちらの方法をぜひ実践して内臓脂肪を燃やしてしまいましょう!

 

 

その方法とはズバリ食事の最初に「野菜を3口食べる」です。そもそも内臓脂肪は肉をたくさん食べなければ余分な量はつきません。

 

運動不足などほかの要因も考えられますが、食事という点だけを考慮するとやはり原因は肉の過剰な採りすぎがもっともな原因です。それでいかに肉の摂取量を減らせるかを考えると最初に野菜を3口食べるだけで、かなりの結果の違いを出すことができます。まず、最初に野菜を食べればその分胃が膨れるのでお肉の食べる量を減らすことができます。
内臓脂肪2

そしてフランス料理などでは「前菜」という言葉もある通り、最初に野菜を食べることは体にものすごく良いことなんです。ですので、肉の摂取量を減らすことができ、なおかつ最初に野菜を食べることで内臓脂肪を燃やしやすくする体にするこの方法を肉好きの方に特におススメします。ちなみになぜ3口なのか、といいますとこれにも大きな意味があります。内臓脂肪のたまりやすい人というのは、必ずといっていいほど肉好きな人が多いです。

そして肉好きな人ほど野菜を摂取しません。(笑)ですので、三口だけ野菜を食べる、という方法が重荷がなくて効果的なんです。最初から食事の最初に「サラダを全部食べる!」と思っていても、肉好きにはそれがなかなか続けられませんし、そうなると結局肉ばかり食べるいつもの食習慣に戻ってしまいます。ですので「最初の3口だけ」が大きなポイントなんです。これさえ習慣化してしまえば内臓脂肪を燃やしやすく貯めにくい、スマートな体を手に入れることができます。

 

毎日、姿勢の良いスタイルで椅子に座ることで体脂肪を燃焼させる

 

人は寝て、起きて、食事をして、仕事をして等、色々な活動を日々繰り返しながら一生を終えていきます。その中において睡眠は人が生きていく上で特に長い時間、個人消費として費やす出来事でもあり重要に捉えます。
内臓脂肪3

この睡眠について睡眠スタイルや睡眠環境等どれも、快適で、より良い質を揃えるべきであって、揃え整える事によって、より良い生活の質を維持する事が可能になるといえます。

良い睡眠は人に色々な変化をもたらせてくれる素晴らしいものです。良い睡眠によって変わるものとして人の活動全てと考えますが、まず、朝起きたらいつも行うことは何でしょう。電車の通勤や通学でいつも行っていることは何でしょうか。いつも仕事で行っている事は何か等々、このような視点から人の習慣はそれぞれある中、少しの無意識を少しの意識に変える事によって、日常が良い影響に至る事は少なくないと思います。健全な精神は健全な体に宿ります、といった具合に意識改革が体にも重要で、より良い環境を整えようと自然に働き、日頃から意識をし姿勢を整え椅子に座る事で体脂肪の燃焼へと繋げていきます。

 

この良い睡眠から得られる良い考えと良い行動の現われである良い姿勢で座る事が、人の体幹をもしっかりしさせ、やはり体脂肪の燃焼へと影響します。

内臓脂肪4
またスタイルの維持とは腹筋と背筋を使う感覚が自然になる事で、脂肪を体に蓄えないことを優先に捉え、より健全な質の良い生活を送ることに重点をおくので、食事や日常の生活、人との関わり方も意識し脂肪燃焼の稼動状態に入るといった良い状態を保てます。

 

これらのことを踏まえ食事内容や、食事の噛む回数増加、さらに血液の循環も良くなる等、代謝が上がり、内臓脂肪を燃やすきっかけになるため、日頃から気をつけて姿勢の良いスタイルで椅子に座ることをおすすめします。

 

内臓脂肪を落とすための二つの方法

 

肥満は、現代社会で大きな問題になっています。便利になっていく世の中で、生活習慣病という食生活の乱れや栄養バランスの偏りなどが原因の一つです。肥満の人ほど内臓脂肪がついていることが多く、内臓脂肪を燃焼させるには大変なイメージがあります。
内臓脂肪を効率的に燃焼させるには、二つ必要な事があります。

 

特別なことではありませんが、一つは食生活の改善です。

飲酒や喫煙、カロリーの過剰摂取など普段生活しているあらゆる欲望に誘われてしまいます。付き合いで仕方なくとお酒を飲んだり、禁煙すると言いながら喫煙をしてしまったりとなかなか甘えを捨てる事が出来ません。飲酒は、週に一回休肝日を作り休ませ、喫煙は徐々に本数を減らしていく事で、内臓脂肪を落とす事が可能です。
内臓脂肪5

しかし食生活は自分で意識して改善しなければいけません。揚げ物や肉が好きな人は、野菜と魚中心の生活に切り替えて、腹八分目までで抑えるのが効果的です。

慣れるまではとても大変ですが、慣れてしまえばそこまでキツイことではありません。短期的に結果を出そうと思わずに、長期的に食生活を見直す事が肝要です。

 

二つ目は、適度な運動を行う事です。

運動は大きく分けて二種類あります。有酸素運動と無酸素運動です。筋トレのような激しい運動は、減量つまり内臓脂肪を落とす運動には向いていません。

内臓脂肪を効率的に落とすには有酸素運動がオススメです。有酸素運動とは多くの酸素を使い、長く緩やかな運動を続けてか行う事です。例えば、ウォーキングや水泳、自転車などです。

内臓脂肪6
有酸素運動の効果が発揮するのは運動してから約20分後からとされています。20分以上続けた方が効果的です。有酸素運動は比較的簡単手軽に行う事ができるので、通勤や通学で、駅一つ分歩く習慣を付けたり、階段を積極的に登るなど自分でできる範囲で運動をする事が肝要です。内臓脂肪を落とす事は、生活習慣病を予防出来きるため、自分の出来る範囲で続ける事が大事です。

 

ラクトフェリンという成分も

内臓脂肪といえばラクトフェリンというぐらい認知が広がってきています。
燃焼を助ける事が可能なんですね!

 

他にも以下のような作用があるらしく総合健康サプリとしても有名です。

 

善玉菌を優勢にして便秘の予防・改善に役立つ整腸機能
摂った脂肪をエネルギー源に変え、体脂肪としての定着を防いでくれる脂質代謝機能
脂肪分解酵素リパーゼをサポートし、今ある内臓脂肪を減らす機能
アレルギー症状の予防・改善
活性酸素による細胞老化を食い止めてくれる抗酸化作用
歯周病菌やピロリ菌などにも対抗できる高い抗菌・殺菌作用
体臭の軽減

 

参考 ラクトフェリンの内蔵脂肪への効果について

 

いかがでしょうか?内臓脂肪を燃やして健康でいきましょう!