内臓脂肪を燃やす3つの方法

 

今年で30歳になるサラリーマンです。まだ30歳なのにと言われてしまうかもしれませんが、私は半年前の会社の健康診断で、メタボであることをお医者さんに言われてしまいました。自分がいつのまにかそのような体になってしまったことに納得できず、次に紹介する3つの方法を実践しました。

その結果、体脂肪率を25%から18%まで落とすことができました。

その3つの方法を紹介します。

 

まず1つ目の方法は食事量の制限です。

私はとにかく大盛りや特盛りが無料の飲食店が大好きで、必ず無料で増量できる中の一番上のサイズを選択します。そのため、無理をしてでも食べる機会が結構ありました。
内臓脂肪15
一番ひどいときは昼に麺600gまで増量した特盛ラーメンを食べ、夜に特盛のカツカレーを食べたときもありました。その摂取カロリーは約5000kcalです。そんな食事をしていては代謝量がとても足りません。自分でもわかっていたので、まずはそのような増量無料の飲食店に行かないように心がけました。すると値段の抵抗もあり、大盛りを頼まないようになりました。

 

2つ目の方法は食事をする時間です。

最近話題になり始めましたが、8時間ダイエットを自分も実践しました。夜はどうしても食べたい主義なので、昼まで一切なにも食べない生活を続けています。この方法は自分にはとてもよくあてはまり、あまり負担とならずに摂取カロリーを抑えることができました。

 

3つ目の方法は週2でプールです。

最初はランニングも考えましたが、とにかく体が重いため10分もたたずにバテてしまい、あきらめました。しかし、プールは疲れずにできるため非常によいです。
内臓脂肪16
自分の近所のプールは2時間まで料金が一緒なので、お得なことが大好きな自分の性格も重なって、2時間みっちり運動できています。これら3つの方法で、自分の摂取カロリーを抑えつつ、代謝量をアップさせることができました。